「家族信託」に関心高い!

第三者への委託契約に「不安」も

DSC_2302.JPG

26日の「終活セミナ―2018in春日井」講座参加者のうち20名の方からアンケートに応えていただきました。

今回の特徴の一つはご夫婦での参加が5組もあり、特に「家族信託」への関心の高さを伺えました。
「大変役に立ちました。また、お世話になります」「大変参考になり有難うございました」「法定相続情報証明制度を知ることができて良かったです」などの好印象の講座だったと受け取れる反応でした。
「家族信託のキーポイントは、信頼できる人に財産管理を託すのです」(講師の佐野文彦司法書士の話)との一言はズシンと胸に落ちました。
「中々・・・一歩を踏み出す事が出来ないです」と率直な意見が寄せられました。
ご意見として、『高齢者の身元保証サービスのはしりとして始まった団体が破産手続をとり、使い込み脱税がニュースになり、銀行員も弁護士も家族も委ねるわけにいかず「本当に心強い味方であるのか」』(70代後半の方)との疑問の意見があることを教えていただきました。

DSC_2301.JPG
DSC_2304.JPG


私たちは一生懸命に憲法13条と25条の精神を基本にして、「人の命と財産」を護り、その人らしい人生を送ることができるような支援をします」と説明していますが、まだまだ努力が足りないものと思います。
本当に信頼され頼りになる団体として成長できるように皆さんのご意見に耳を傾けていきたいものです。
理事・立木勝義

https://yui-station.org/

この記事へのコメント