ひとり暮らしのお悩みに立木が答えます

笑顔の「終活」コーディネーターとしてデビュ―!?

おはようございます。一日遅れの活動報告です。

昨日は朝から利用者さんの通院支援と新規の契約説明・施設入所立ち会いでした。
月曜日の病院は患者さんが多く込み合っていました。
腎臓などの機能低下で足のむくみが出て、歩くこともままならぬひとり暮らしの方の支援です。
受付から血液検査、CTやレントゲン撮影、診察、精算、薬局廻りなど一つひとつが大変です。
親兄弟も高齢になり、ひとり暮らしは大変です。ひとり暮らしの悩み事に答えていきたいものです。

ひとり暮らしには様々な問題が発生します。

・年金が少ないので生活保護を受けたい!
・「虐待」ではないけどお父さんから離れて暮らしたい!
・病院から身元保証人をつけてほしいといわれて困った!
・貸しアパートの賃貸契約の保証人になってほしい!

これらは最近の事例です。

奥さんが突然亡くなったため家の中のことが全く分からなくなって困っている男性。
預金管理も銀行の貸金庫の中で手がつけられずに困った方の相談では、貸金庫の契約者の相続人の印鑑証明などを揃えて銀行に提出する必要があります。

養護老人ホームから生活の自由を求め、年金が月9000円の方の身元保証を依頼された件、
預金残高ゼロで生活保護を申請、保護費支給され次第、当法人の入会金を支払っていただき契約金は分割払いとする事例。

奥さんを亡くして7年、脳梗塞を起こし一命をとりとめた後の不自由な生活を続けひとり暮らし、万が一のことが心配なので…。
ひとり暮らしには毎日の生活と財産管理、万が一の設計図をいつごろまでに整理しておくか?「まだ大丈夫」は危険だと思います。

特殊詐欺事件(昨年度被害額356億円)で「俺は騙されない」と力む人ほど騙されます。
同じように「自分だけは大丈夫」と思っている方ほど人生のライフスケジュールが描けていないのではないでしょうか?

リーフレット外.jpg
リーフレット内.jpg

当法人の新リーフレットは「ひとり暮らしのお悩み事に立木が答えます」がキャッチコピーです。
手作りの「良さ」を手元に置いてお読みください。
そして、宣伝用にみなさんのご自宅や会社の受付に置かせてください。

IMG_20190207_150407.jpg

立木の笑顔が売りです。

どうぞよろしくお願い致します。
理事・立木勝義

(「終活」コーディネーター)

https://yui-station.org/

この記事へのコメント