ひとり暮らしのお悩みに立木が答えます

笑顔の「終活」コーディネーターとしてデビュ―!? おはようございます。一日遅れの活動報告です。 昨日は朝から利用者さんの通院支援と新規の契約説明・施設入所立ち会いでした。 月曜日の病院は患者さんが多く込み合っていました。 腎臓などの機能低下で足のむくみが出て、歩くこともままならぬひとり暮らしの方の支援です。 受付から血液検査、CTやレントゲン撮影、診察、精算、薬局廻りなど一つひ…

続きを読む

「やる気が出ない」男一人の暮らし

妻を亡くした男のあり方を考える 60年近く付き合いが続く親友と日帰り温泉に行ってきました。 この友人は昨年の春に妻を亡くし、一人暮らしです。 近くに長女がいて毎日世話をしてもらっているとのことです。 しかし、彼曰く「あいつ(妻)が居なくなって何にもやる気が出ないのだわ」と…。 男の一人暮らしで心配なのが食事です。 この正月に室内で転倒して大腿骨を骨折して緊急入院した80代…

続きを読む

病気療養後の暮らしの支援、間に合わず

一人暮らしの高齢者の急死に想う 体調を崩したり、室内で転倒するなど思わぬ病気や事故に遭遇すると救急車で搬送される病院は、一般的に「急性期病院」といいます。 この急性期の病院は「入院時から、退院を見こした治療計画をたてる」と聞きました。 その結果、平均の入院期間は平成5年/22.9日から平成20年/13.0日と短縮されています。(名古屋市民後見人養成研修の資料より) これは「クリテ…

続きを読む