我が家の「さくらんぼ事件」

義母が逝って10年を迎えて・・・ 梅雨空続くし蒸し暑い日が続く中で、旬の果物を食べられる幸せを感じています。 我が家には「さくらんぼ事件」の歴史があります。 それは今から10年前の6月ごろです。 当時は夫婦と子供2人に義母(87歳)の5人暮らしでした。 山形盆地の山辺町産のさくらんぼを直送してもらうのが恒例となっていたある日のこと。 皆で食後のデザートとして「さく…

続きを読む

リビング・ウィル(終末期の意思表明書)について

身元保証人や後見人も職務にあらず 先日、高齢のご夫婦との契約を結びました。 説明で一番の難題はご自分の最期のあり方をどう考えるか、というリビング・ウィル(終末期の医療・ケアについての意思表明書)についてです。 初対面で最初の契約説明の場で「万一の場合」や「終活」についてお話しするのはどうかと思います。 判断力が低下したり、難聴で他人の話が聞き取りづらい高齢者には、 『認知症…

続きを読む

高齢ドライバーの事故後絶たず

高齢者が第一当事者にならないために 最近の交通事故で大きく報道されるのが高齢ドライバーによる事故の記事です。 先週の土曜日(6月17日)午前9時40分愛知県内の地方都市で、横断歩道を歩いていた90歳の女性が右折してきた自動車にはねられて死亡。 運転していたのが84歳の女性ドライバーでした。 5月末に神奈川県で90歳の女性ドライバーによる事故も悲惨でした。 家族は「両膝の関節…

続きを読む