一日2件の葬送支援に奔走する

コロナ禍で様変わりの葬儀 1月14日、利用者さんが相次いでご逝去されました。 利用者さん(以下、Aさん・92歳)が亡くなったのは13日の深夜で「老衰」でした。 夜が明けるのを待って医師と対面。 死亡確認と死亡診断書を受け取り(①死亡診断書の受領)、役所に手続き(②死亡届)を提出しました。 Aさんは当法人の葬送支援である「死後事務委任契約」を締結しており、手続きはスムーズでし…

続きを読む

コロナ禍の仕事始めは「緊急支援」

静かに送った年末年始を終えて… 今日から仕事始めです。 年末年始の明けた昨日1月4日、最初の電話は利用者さん(以下、Aさん90歳代)から新年のあいさつでした。 Aさんは昨年2月に奥さんを亡くされてひとり暮らしです。 料理人で生計を立てていたAさん、最近は調理場にも立たず大好きな料理もつくらず、配食サービスを受けるようになりました。 「他人との生活が苦手」だったAさん…

続きを読む

生活保護支援の困難課題に直面

制度が複雑で解決に遅れ 師走の中で生活保護受給者の相談が増えています。 今週は春日井市内の方や名古屋市守山区、北名古屋市の方等数名の相談が予定されています。 年末年始に施設入所に伴う身元保証の相談です。 みなさんもご承知のように生活保護受給者には「生活保護法」によって主な扶助項目として「生活扶助」「住宅扶助」「教育扶助」「医療扶助」「葬祭扶助」など8つの扶助があります。 扶助を…

続きを読む