お泊りデイの撤退相次ぐ

東京・介護事業所の約一割の施設 お昼のNHKラジオから「介護施設が『お泊りデイ』撤退」の一報。 新年度より、お泊りデイを運営している施設は大小を問わず、スプリンクラーの設置が義務付けられました。 設置のための費用負担が重く、廃止・撤退を余儀なくされた施設は、東京23区内介護事業所の約一割超の30の施設にも上るとのことです。 介護をする家族に予定があるとき、被介護者が一時的に宿泊できる…

続きを読む