住宅の明け渡し費用が不足

離縁した子供を探して・・・   3月中頃に委任契約を締結した80歳代の独居男性は、腰が悪くなり歩行困難で在宅から施設入所を余儀なくされました。 賃貸住宅と施設の二重生活を解消するためには、一日も早く「空家」となった賃貸住宅の解約手続きをし、明け渡しを完了することです。 でなければわずかな年金が底をつき、施設料も支払えなくなります。 ただし、この男性には貯えがなく片付け費用の負…

続きを読む