新型コロナ感染者の葬儀 倍の費用発生

新年が明けて早1月16日、新型コロナの国内感染者が確認されてから3年が経過しました。 只今第8波のまっさいちゅう真っ最中という状態です。 利用者さんの生活拠点の老人ホームや入院している病院など、つぎつぎとクラスターが発生。 退院予定や、施設入所が延期されるなど少なくない影響が出ています。 昨年の12月末、ある利用者さんがコロナ感染中に死亡されました。 死亡確認の面会はお…

続きを読む

遺言書は「いつ書くか」、問題山積

師走に入って何か落ち着かない毎日です。 利用者さん(以下、Aさん・女性90歳代)は、数年前にご主人を亡くして一人暮らしでした。 今年の春先まで地域の介護事業所のヘルパーさん達の支援で在宅生活を続けていましたが、相談者のケアマネさんから「一人暮らしが困難なので施設入所を勧めたい」との連絡を受け、入所準備から身元保証契約を締結することになりました。 現在、短期入所の扱いで施設での生活を続け…

続きを読む

シンポジウム「おひとりさまの心支度」に参加して

10月は1日に早々の緊急入院支援から始まって、外国人の「生活支援」の依頼や、4日の総務省の「身元保証等高齢者サポート事業消費者保護に関する推進アンケート」のヒアリングを受けたりと忙しい毎日でした。 10月15日の土曜日に長久手市で開催されたシンポジウム「おひとりさまの心支度」に参加しました。 まず、はじめに「おひとりさま」の定義について、次のような方を「おひとりさま」と言うそ…

続きを読む